お問合せをお待ちしております
TEL:0120-552-442
TEL:022-375-2115
秘密厳守・見積無料

家出人捜索の例

*本人・関係者の了解のもとに掲載しております。

家出人・行方調査の例

行方調査例その1 息子が家出をした。


相談内容:
息子が朝会社へ行くために自宅を出たのだが、昼過ぎに会社から電話があり、無駄欠勤しているとの事。
その日も次の日も自宅へは帰らず、会社にも言っていない様子。携帯電話の電源も切られている。息子の部屋を見てみたら、遺書めいた内容の手紙が置いてあった。


調査結果:
まずは最寄の警察署に捜索願を出す事をすすめ、次に依頼者(母親)から状況説明を受ける。友人・知人へ連絡をしている形跡が一切ないことから、探偵ネットワークを駆使して近隣地方都市で調査を開始したところ、千葉市内のカプセルホテルに宿泊している対象者を発見。

行方調査例その2 お金を貸した相手がいなくなった。


相談内容:
昨年知人に250万円貸したのだが、返済が滞るようになり、携帯に電話しても出なくなった。マンションに行ってみたら、すでに引き払われていた。こっそり夜逃げしたらしい。なんとか探して欲しい。


調査結果:
手がかりが乏しく捜索は難航したが、車の目撃情報を手がかりに、岩手県内で住み込みで勤務している対象者を発見する事が出来た。

行方調査例その3 夫が家出をした。


相談内容:
会社をリストラされた夫が、突然失踪した。自家用車、クレジットカード類、携帯電話は持って行った様子。携帯電話に電話しても、電話に出てくれない。


調査結果:
夫が自宅に置き忘れた預金通帳を記帳してみると、山形県内〜福島県内の某市で頻繁に現金引き落としをしている事が判明した。温泉地を転々と移動している模様であったため、その後は現地での調査に切り替え、対象者を発見する事が出来た。


家出人・人探しのお問合せ

icon電話番号@
0120-552-442
icon電話番号A
022-375-2115
お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問合せ


ページトップに戻る